カテゴリ:2012 ドイツ・スイス・フランス( 21 )

ドイツ・スイス・パリ旅行記7日目-3

マレにある、【サン・シェルヴェサン・プロテ教会】
e0237625_0391328.jpg

ランチは、マレにある人気のファラフェルのお店 【ラズ・デュ・ファラフェル】
ファラフェルは、ピタパンの中にひよこ豆のコロッケとナスの揚げた物や野菜が入ったヘルシーだけど、ボリューミーな一品。
e0237625_121813.jpg

行列ができる人気店だけど、、前に食べたファラフェルの方が私好みでおいしかった。

お昼を食べた後は、パサージュフロワに立ち寄ります。
e0237625_195054.jpg

パサージュフロアは、かわいいアーケード街の中にレストランや雑貨屋・アンティーク店などが入っているガラス張りで迷路のような場所。
e0237625_1101221.jpg

この古本屋さん、かわいい。
e0237625_1142348.jpg

パサージュを散歩した後は、パリの観光もこれにて終了。
ホテルに戻り、親と合流して、パリのシャルル・ド・ゴール空港に向かいます。
パリの中心地に宿泊しているため、市内を出るにも渋滞にまきこまれて、しかも 高速も事故があり大渋滞。空港までかなりの時間がかかりました。
空港でも最後にいろいろ買い物しようと思っている私は、焦る~。
入国審査やリファンドの手続きなどにも時間がかかるので、空港では大忙し。
最後にギリ、ワインとか購入して、成田行きのJAL便に搭乗できました。
帰りの飛行機はいつも疲れすぎて、大体ほとんど寝ているのであまり、記憶なし。

今回の旅行は 天気にも恵まれ、ホテルもすべて中心部にあり、どこに行くにも便利。
夕食後に散歩が楽しめるのは重要。
ホテルがイマイチだと、旅行が楽しめないタイプの私。
1泊でも寝るだけでも、やはり宿泊先は大切。
そんなこんなで、楽しい8日間を過ごすことが出来ました~。
ドラクロアさんともお別れ。
e0237625_1423479.jpg

バイバイPARIS。また行くからね☆
by bristol1106 | 2012-09-16 02:17 | 2012 ドイツ・スイス・フランス | Comments(0)

ドイツ・スイス・パリ旅行記7日目-2

メトロ1号線、【St-Paul】駅周辺がマレ地区です。
マレはカワイイお店が沢山あるし、アンティークショップが密集しているから好き。
マレのかわいいお店 特集です。

マレのフローリスト。シャクヤクのブーケ花束 欲しいよ~
e0237625_23295271.jpg

プランプリで、主人を待つボクサー?犬。リードを繋ぐ場所が店内って、なんか不思議。
入口付近を占領中だし、少々邪魔では?
e0237625_23314298.jpg

【Village St-Paul】の中庭。雰囲気も落ち着いていて優雅な感じ。
e0237625_23412294.jpg

中庭にある、アンティークショップ。
お店はとても小さいけど、種類がいっぱいあるから、気に入った物が見つかります。
【Digoin】のお皿とか、購入しました。
e0237625_23411746.jpg

あと、マレに行く目的の店 サン・ポール通りの【EW】 
e0237625_23484163.jpg

ムッシュは英語ができるので、買い物しやすいし、親切です。
カフェオレ・ボウルを購入しています。

いろいろ買い物しすぎて 疲れてきたので、マレのスタバで休憩。
この日も太陽ガンガンで暑かった~。アイスラテ飲みたい~
e0237625_083834.jpg

一人で、ギャルソンのいるカフェに入る勇気は さすがにないので、スタバが安心。
日本より、大きいのに若干 安めなのも うれしい~。
by bristol1106 | 2012-09-10 00:33 | 2012 ドイツ・スイス・フランス | Comments(0)

ドイツ・スイス・パリ旅行記7日目-1

パリ2日目は、両親とは別行動。夜の便で日本に帰国するのでそれまで、一人でゆっくりアンティーク三昧。
パリに行く目的:それは、ブロカントを購入すること。
パリの滞在が土日なら、ヴァンブやクリニャンクールの蚤の市に行きたいけど日程の都合で今回は断念。
アリーグル【Aligre】の蚤の市なら月曜日以外は毎日開催しているので、規模は小さいらしいけど 蚤の市に行かずして日本には帰れない!!ため、今回はここに決定。
パリの蚤の市に一人デビューは初めて。ちょっと、ドキドキしながらメトロに乗って、8号線のルドリュ・ロラン【Ledru Rollin】駅までやって来ました。
駅からの道程が、いくぶん不安要素ありだったけどやっぱり、地上に出た瞬間から方面がさっぱり状態。
土日なら、隣でマルシェも開催しているので駅からの流れについて行けばいいけど、平日のため人が少ない。。。こういう時、一人だと相談できる相手がいないので、とっても不便。日本でも地下鉄の出口って苦手。道が5本ぐらいあるよ~。何となくの方向にとりあえず進んでみる。
駅から徒歩7分らしいけど、マルシェ出てこないよ~。逆方向ならかなり、ショック!!
なんか、雰囲気的に違うことを動物的感でサッチし、これは誰かに道を確認すべきと考える。大通りなのに誰も歩いていないから、フランプリ(スーパー)のレジおばさんに英語で話しかけてみる。すると、奥にいたオーナーらしいムシュに聞けと言われ再度、ムッシュに聞いてみる。ムッシュはとても親切で一緒に大通りを渡り、マルシェの近くまで 道案内をしてくれました。パリっ子も結構親切。
あそこで、フランス語で道を教えられてもまた、迷子になっていたから勇気を出して聞いてみてよかった~。
海外では、道に迷う時間がもったいないからなるべく、現地の方に話しかけて道を聞くようにしています。英語の練習にもなるしね。
さて、お目当ての【アリーグル広場の蚤の市】にやって来ました~
e0237625_2338632.jpg

確かに規模は小さいし、お店も少ないけどすいてるし、日本人なんて見かけません。ライバルなし。
欲しい物がありそうなお店はほとんどないけど、でも、掘り出し物がありました。
e0237625_23414743.jpg

この中から、素敵なジャグを購入しました。しかも、日本で購入するより半額以下の以下。
行ったかいあったな~。満足・満足。
e0237625_235233100.jpg

隣で開催している、マルシェを見ながら、次の目的地マレまでお散歩します。
e0237625_0401544.jpg

野菜の盛り方とか色とか、なんかコロコロしていておもちゃみたい。
e0237625_0372843.jpg

どうやら、最初の道のチョイスが間違っていたようで、帰りは迷わず駅方面に到着できました。
e0237625_053118.jpg

フランス革命が始まった場所【バスティーユ広場】を抜けると、マレ地区に入ります。
by bristol1106 | 2012-09-08 01:22 | 2012 ドイツ・スイス・フランス | Comments(0)

グッド ルッキング パッケージ

モノプリで購入した、【グッド・ルッキングなパッケージ】達をご紹介!!

まずは、パリのお土産で 必ず購入するお気に入りにハンドソープ。
【 Le Petit Marseillais 】 ル・プチ・マルセイユ。
いろんな種類と匂いのバリエーションがあります。
泡立ちと匂いが良くって、しかもマリンテイストのデザインがグッド。
今回はボディーソープとハンドクリームも購入してみる。
重量制限がなければ全種類買いたいぐらいの勢いで、かなりのおススメ。
e0237625_0235886.jpg

次は、【CAMARGUE】 フランス カマルグ産(南仏)のお塩。
これは、日本でも購入可能。DEAN&DELUCAとかでも売っています。
お料理がおいしくなるので、煮込み料理とかに使っています。
e0237625_0285661.jpg
 
フランスに行ったら、やっぱりチーズもはずせません。
でも、チーズは種類が多いだけに、チョイスが難しい~
今回はこれ。でも、なんかクセがあってチョット期待はずれ。
e0237625_0425253.jpg

でも、パッケージ買いだから いたしかたないかぁ。

最後は、【ECHIRE】エシレーバター。
エシレも、丸の内にお店があるけど、パリなら半額以下。
e0237625_136237.jpg

チーズもバターもタッパに入れて、持って帰ってくれば安心です。
もちろん、タッパもモノプリで一緒に購入しますよ。
by bristol1106 | 2012-09-01 02:05 | 2012 ドイツ・スイス・フランス | Comments(0)

ドイツ・スイス・パリ 旅行記6日目-2

夕食は、セーヌ川ディナークルーズに参加予定。それまでの間は、ショッピングタイム。
モノプリでお土産を買ったりしながら、ショッピング天国パリを満喫します。
写真は、オペラ座。
e0237625_23543934.jpg

セーヌ川のディナークルーズは、運行会社に直接 申込んだ方が安いけど 帰りが夜遅くなるため、復路送迎付きの【MY BUS】を利用してみました。
乗船場所は、エッフェル塔前の船着場から。
朝は雲に隠れていたエッフェル塔もクッキリハッキリ。マジかで良く見えるよ~
e0237625_2385746.jpg

ディナークルーズは、【バトー・パリジャン】に乗船しました。
乗船受付は19:30~20:30 なので、早く乗ったからって席は決まっているし 動き出すのは暗くなりはじめた20:30過ぎ。5月は日が長いため全然ディナークルーズじゃないじゃん~と思いながら お酒とお食事を船の中で楽しむ。
ガラスごしなので、写真イマイチ。
e0237625_23221926.jpg

船内から見る景色はこんな感じ。
e0237625_23582952.jpg

フランスだけあって、食前酒・シャンパン・白ワイン・赤ワインそれぞれ料理に合わせてどんどん出てきます。ほぼ、飲み放題状態。
グラスが空になると、すぐに注ぎに来てくれるので、かなりお酒も楽しめます。
最後の赤ワインはボトルで出てきたけど、もうそんなに飲めないよ~って感じです。
e0237625_2323258.jpg

メインのお肉料理。季節によってメニューが違うようです。
船内ではミュージシャンの生演奏もありました。
e0237625_013443.jpg

デザートまで満喫した後は、外のデッキに出てエッフェル塔のライトアップを鑑賞します。
e0237625_053669.jpg

エッフェル塔のキラキラ ライトアップバージョン。
e0237625_054430.jpg

やっぱり、東京タワーより綺麗だな~。
by bristol1106 | 2012-08-30 01:13 | 2012 ドイツ・スイス・フランス | Comments(0)

ドイツ・スイス・パリ旅行記6日目-1

やっとパリまで旅行記が進んで来ました~。
パリの宿泊先ホテルは、オペラ座・プランタン・ギャラリー・ラファイエットが徒歩圏内の便利な立地の【Astra Opera】
大通りからは一本裏なので、静かで快適なプチホテル系。
e0237625_23451727.jpg

内装は結構、スタイリッシュでgood。バスとトイレが別なのもポイント。
e0237625_23481872.jpg

パリっぽくないですか?
朝食のクロワッサンは、ホテル斜め前のブランジェリーから焼き立てが運ばれてくるので、サクサクでおいしい~。パリを感じる瞬間。
さて、6日目の朝は取りあえず、ツアーの行程に含まれていたルーブル美術館に約15年ぶりに行ってみる。
e0237625_23552624.jpg

団体だと、入場に並ばなくっていいのは、便利かも。
でも、スゴイ人で ゆっくり絵画鑑賞なんて 全然できません~。
昔はモナリザも、ガラスに囲まれてなかったのに~
今は、厳重警備と人だかりでなんだかガッカリ。
やっぱり私は、オルセー派だわ。

ルーブル美術館の後は、フリータイム。
母の希望で、モンマルトルの丘に散策に行きました~。
e0237625_03274.jpg

アベス駅の入り口は、フランスの有名建築家がデザインしているのでオシャレ。
この日のパリは、5月にしてはかなり暑くて半袖日和。
暑くってヒィーヒィーいいながら、サクレクール寺院に続く坂道を登っていきました~。
e0237625_012145.jpg

モンマルトルの丘からパリ市内を見下ろす。
e0237625_013157.jpg

映画アメリの世界だよ。
e0237625_0354697.jpg

サクレクール寺院は、ドームが目印。
e0237625_034897.jpg

猫がいた画廊は、この道の先だよ。
e0237625_040422.jpg

モンマルトルの後は、ギャラリーラファイエットを物色します。
e0237625_23592472.jpg

ステンドグラスが綺麗なラファイエット。
by bristol1106 | 2012-08-28 01:14 | 2012 ドイツ・スイス・フランス | Comments(0)

世界の猫 写真館 in パリ

世界の猫写真館 パリ編。
パリの街では、お散歩中のワンちゃんを見かけることは多いいけど 猫ちゃんを見かけるのはまれ。
にゃんこアンテナを張りめぐらせて、パリのにゃんこにも会って来たよ~。

モンマルトルに向かう裏道 画廊のショーウインドで寝ているパリにゃんを発見!!
e0237625_1262412.jpg

風景画を鑑賞中。
【これは、ノートルダム寺院だにゃぁ】 
パリにゃんはやっぱり、シャレオツね。
e0237625_129887.jpg

今度はアジア系の仏堂?彫刻?を見つめ添い寝してみる。
e0237625_1312992.jpg


そして、もう2匹はメトロの【ラン・ラザール駅】側にいた、にゃんこ達。
チップなしでにゃんこを触ろうとしたら、怒られた~怖いよおじさん。
しかも、写真はチップを入れないと撮るのもNG・・ダメ。
小銭だとニコリともしない ケチなおじさま。
この猫達、人通りの多いい道でもおとなしく寝すぎてて、最初はぬいぐるみかとおもちゃったよ~。
e0237625_1423498.jpg

2匹ともリードをつけられ、グッスリオヤスミ中でした。
by bristol1106 | 2012-08-25 01:53 | 2012 ドイツ・スイス・フランス | Comments(0)

ドイツ・スイス・パリ旅行記5日目-3

お花畑を下ってきた登山列車も、グリンデルワルトでお別れ。
e0237625_2348511.jpg

e0237625_23524052.jpg

グリンデルワルトの町は、空がキラキラしていて綺麗だったな~
e0237625_23513958.jpg

ホテルも山小屋風でカワイイ。
e0237625_2354639.jpg

スイスアルプスの観光もここでおしまい。バスはTGVの乗車駅ジュネーブに向かいます。
ジュネーブは以前、モンブラン観光に行ったときに滞在したレマン湖畔の綺麗な街。
昔、チョコレートが嫌いだった私が、ジュネーブのチョコレート屋さんで買った生チョコがおいしすぎて、それ以来チョコレートが食べられるようになった思い出の街。

今回は駅に立ち寄るだけなので、チョコレート屋さんには行けませんが、でも ジュネーブ側のドライブインにあった、チーズ屋さんで購入した トリュフ入りのチーズが超~おいしかった。カマンベールチーズみたいなチーズの中にトリュフが入っていて、このチーズがクリーミーで素晴らしくおいしかった。 しかも、値段は1000円以下。
これが、そのチーズ屋さん。
e0237625_012991.jpg

ジュネーブからは、TGVでパリに移動です。
パリに到着するのは、22:00。約4時間弱かかります。
TGVは日本の新幹線と違って、最初はノロノロ運転。ジュネーブ出発後 パリまで1回しか停車しないのに、なんで飛ばさないか不思議。最高速度で走れば、たぶんパリまで3時間ぐらいでは?と、思う遅さ。特急なのにノロイヨ。
車内清掃もなんか、イマチイだし。期待してたから残念。
席は2階だし、座席が広めなのはGood。
e0237625_053353.jpg

音楽聞きながら、エスプレッソを飲んで車窓を眺めていると、なかなかいい感じでパリに到着できました。
TGVの売店でコーヒーを購入するのは、かなり難しいです。だって、英語表記がないしノーマルなカフェがなぜかないし。カプチーノがよかったのに、英語は通じないからエスプレッソきちゃうし~。まぁフランスだからしょうがないか。

スイスのお土産。
e0237625_0534865.jpg

生チョコはホテルで買ったら、イマイチだったのでおいしかった板チョコをご紹介。
ラズベリーチョコはドイツ産。アプリコットチョコはスイス産。パッケージもカワイイし、中にヨーグルトが入っているのがGood。
by bristol1106 | 2012-08-15 01:13 | 2012 ドイツ・スイス・フランス | Comments(0)

ドイツ・スイス・パリ旅行記5日目-2

スフィンクス展望台やプラトーを満喫した後は、室内にある氷の宮殿(アイス・パレス)を見学します。
氷の宮殿には、動物の彫刻などが飾ってありますが、寒いしチャチャットスルーな感じです。
ユングフラウの展望台には、なぜか日本の郵便ポストがあります。
ここから手紙を出すと標高が入ったスタンプを押してもらえるので、カウベルがゴージャスな帽子?をかぶったスイスの絵葉書を購入して、自宅充てに投函してみました。
e0237625_042696.jpg

Airmailで届いたハガキがこれ。なんか、スタンプがカワイイ。
e0237625_041460.jpg

アスレティック氷河は雪に覆われていて何も見えなかったけど、山が見えたからとりあえずOK!
氷河はカナディアンロッキーで前に見たからまぁ、いいやって感じです。
帰りもまた、アイガー北壁を通って、登山列車で下まで降りて行きます。
e0237625_0194847.jpg

この岩の中にトンネルを堀り、列車は走っていました。
クライネシャイデックに降りて来ても、天気は曇り空。山の天候は本当に変わりやすいです。
e0237625_0232749.jpg

クライネシャイデックでランチ休憩。
e0237625_0363413.jpg

ここも、標高2.061mあるから、まだ雪が残る景色。
e0237625_0323964.jpg

クライネシャイデックから、登山列車はグリンデルワルト方面に乗り換えます。
どんどん、下っていくと外の景色も、ハイジの世界に一変しました~
e0237625_0565221.jpg

空と緑が綺麗~
e0237625_0572336.jpg

山小屋風のお家とお花畑がスイスのイメージにピッタリ。
e0237625_0585296.jpg

癒しの景色。高原って好き。
e0237625_0591254.jpg
e0237625_11344.jpg

長くなったので続きはまた、次回にします~!!
by bristol1106 | 2012-08-14 01:26 | 2012 ドイツ・スイス・フランス | Comments(0)

ドイツ・スイス・パリ旅行記 5日目-1

5日目は、スイスのインターラーケンからユングフラウ鉄道に乗車し、スイスアルプスの名峰 ユングフラウヨッホ Top of Europeを目指します。
まず、早朝にホテルを出発し ラウダーブルンネン駅から登山列車に乗車します。
大切な朝の天気は、この旅行初めての雨模様。
昨晩からの小雨がまだ、降り続いています。
でも私、 超~晴れ女なのです。旅行に行って雨に降られることは ほほんどない晴天女。
しかも、両親共々晴天ファミリー。山の天気は変わりやすいし きっと、雨が上がるとこを信じて登山列車に乗り込みます。
e0237625_22123774.jpg

朝の登山列車から見た景色。雨と霧。滝と川がスゴイ。
どんどん、上に登って行くと今度は、外は雪景色。やっぱり5月の終わりでも、スイスアルプスは雪かぁ~と思いながら、次の乗換駅クライネシャンデリックに到着します。
e0237625_22494293.jpg

この緑の列車に乗ってきて、次は下の赤い電車に乗り換えます。
車内の暖房はあるけど、やっぱり寒め。乗り心地は微妙。
e0237625_2219392.jpg

この赤い電車で、アイガー北壁のトンネルを抜けて頂上(3.454m)まで進みます。
列車は途中で何度か、乗客が標高になれるために停車して休憩をとります。
e0237625_22364167.jpg

外に出てもトンネル内なので、なにもなし。(トイレはありますよ)
窓があるので、天気がいいと外の景色が見えるかも。
登山列車を乗り継ぎ約3時間ほどで、頂上のユングフラウヨッホ駅に到着します。

気になるのは、頂上の天気。まずは早速 スフィンスク展望台行きのエレベータに乗り
外に出て、ヨーロッパのアルプスをまじかで体験しましょう!!!

じゃ・じゃ~ん!!!外に出ると青空が急に顔を出しました。
雪景色だけど、ユングフラウがハッキリ良く見えます!!!
e0237625_238442.jpg

綺麗~!!空青い~感動~!!!
e0237625_231436.jpg

e0237625_2305793.jpg

メンヒはさすがに見えなかったけど、でも 晴れていることが貴重。
e0237625_23174545.jpg

3.454mの展望台の上に鳥さんがいました。鳥って凄い。
e0237625_23335410.jpg

狭い展望台には、沢山の人。
e0237625_23241573.jpg

遠くの山がうっすら、見えているけど分かるかな?
e0237625_0213862.jpg

山に雲がかかってきたので、氷の宮殿でも観光しますか。
by bristol1106 | 2012-08-10 00:34 | 2012 ドイツ・スイス・フランス | Comments(0)