人気ブログランキング |

ドイツ・スイス・パリ旅行記7日目-1

パリ2日目は、両親とは別行動。夜の便で日本に帰国するのでそれまで、一人でゆっくりアンティーク三昧。
パリに行く目的:それは、ブロカントを購入すること。
パリの滞在が土日なら、ヴァンブやクリニャンクールの蚤の市に行きたいけど日程の都合で今回は断念。
アリーグル【Aligre】の蚤の市なら月曜日以外は毎日開催しているので、規模は小さいらしいけど 蚤の市に行かずして日本には帰れない!!ため、今回はここに決定。
パリの蚤の市に一人デビューは初めて。ちょっと、ドキドキしながらメトロに乗って、8号線のルドリュ・ロラン【Ledru Rollin】駅までやって来ました。
駅からの道程が、いくぶん不安要素ありだったけどやっぱり、地上に出た瞬間から方面がさっぱり状態。
土日なら、隣でマルシェも開催しているので駅からの流れについて行けばいいけど、平日のため人が少ない。。。こういう時、一人だと相談できる相手がいないので、とっても不便。日本でも地下鉄の出口って苦手。道が5本ぐらいあるよ~。何となくの方向にとりあえず進んでみる。
駅から徒歩7分らしいけど、マルシェ出てこないよ~。逆方向ならかなり、ショック!!
なんか、雰囲気的に違うことを動物的感でサッチし、これは誰かに道を確認すべきと考える。大通りなのに誰も歩いていないから、フランプリ(スーパー)のレジおばさんに英語で話しかけてみる。すると、奥にいたオーナーらしいムシュに聞けと言われ再度、ムッシュに聞いてみる。ムッシュはとても親切で一緒に大通りを渡り、マルシェの近くまで 道案内をしてくれました。パリっ子も結構親切。
あそこで、フランス語で道を教えられてもまた、迷子になっていたから勇気を出して聞いてみてよかった~。
海外では、道に迷う時間がもったいないからなるべく、現地の方に話しかけて道を聞くようにしています。英語の練習にもなるしね。
さて、お目当ての【アリーグル広場の蚤の市】にやって来ました~
e0237625_2338632.jpg

確かに規模は小さいし、お店も少ないけどすいてるし、日本人なんて見かけません。ライバルなし。
欲しい物がありそうなお店はほとんどないけど、でも、掘り出し物がありました。
e0237625_23414743.jpg

この中から、素敵なジャグを購入しました。しかも、日本で購入するより半額以下の以下。
行ったかいあったな~。満足・満足。
e0237625_235233100.jpg

隣で開催している、マルシェを見ながら、次の目的地マレまでお散歩します。
e0237625_0401544.jpg

野菜の盛り方とか色とか、なんかコロコロしていておもちゃみたい。
e0237625_0372843.jpg

どうやら、最初の道のチョイスが間違っていたようで、帰りは迷わず駅方面に到着できました。
e0237625_053118.jpg

フランス革命が始まった場所【バスティーユ広場】を抜けると、マレ地区に入ります。
by bristol1106 | 2012-09-08 01:22 | 2012 ドイツ・スイス・フランス | Comments(0)
<< ドイツ・スイス・パリ旅行記7日目-2 僕の哀しい現実? >>