ライル流 猛暑日の過ごし方

洞穴好きのライルさま
e0237625_16295021.jpg
連日の猛暑日、長毛のライルはさぞ暑いのでは??・・・との、思いもよそにエアコンの効いた部屋で洞穴生活。
e0237625_16313038.jpg
タンボール洞穴ベッドは窓辺に置いてあるので、暑くないのか心配してるけど、ライル的には心地良さそう。
e0237625_16330647.jpg
午後はこちらでほぼ、お昼寝中。カワイイ・・・
e0237625_16343854.jpg
先日、猫本で知った猫さんの熱中症対策を早速、ライルにもやってみた。

キャリーケースをバスタオルに包み上に凍らせたペットボトル(2Lがベスト)を置くと水滴でキャリーケースの室温が下がる。
という情報。
e0237625_16355429.jpg
効果はあんまり分かんなかったけど、ないよりは良さそうな感じ。
e0237625_16424132.jpg
下にはクールマットも引いて万全対策。
e0237625_16464271.jpg
でも、やっぱりライルはダンボール洞穴が好きみたい。
e0237625_16481232.jpg
おこもり感がたまんにゃいニャン!!
【あつくにゃったニャン・・・・】


# by bristol1106 | 2018-07-24 16:58 | ライル | Comments(0)

スペイン旅行記4日目【セビーリャ編】

スペイン旅行記4日目 セビーリャ観光編
e0237625_17560441.jpg
スペイン広場
e0237625_17580663.jpg
半円形に延びる回廊と、スペイン各県の歴史的出来事を描写した壁面タイル絵が特徴的な場所
e0237625_18130342.jpg
タイルの色使いがとっても綺麗で、
e0237625_17571291.jpg
イスラムっぽいデザインもカワイイ
e0237625_17594230.jpg
無料だから散歩にもピッタリ
e0237625_18161124.jpg
ジャカランダが満開でとっても綺麗なセビーリャの街
e0237625_18211196.jpg
蓮の花もまるで造花のような綺麗さです。
e0237625_18234723.jpg
お天気も毎日晴天、観光日和です。

# by bristol1106 | 2018-07-20 18:33 | 2018 Spain | Comments(0)

ふるさと納税

西日本豪雨で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、
被災された方々にもお見舞いを申し上げます。

西日本で豪雨災害が起きる少し前、【福岡県赤村】にふるさと納税しました。
選んだ理由はもちろんお礼品。
最近、気に入っているのが米と野菜のセット。
e0237625_15123365.jpg
福岡県赤村に寄付するのは初めてなのですが、赤村も豪雨被害を受けた自治体のようでお礼品が届くのはきっと、ずーっと先になるのでは??っと、思っていました。

しかし、申し込みから約1週間、
(高速の通行止め等で通常より少し配送に時間がかかりましたが)
新鮮な野菜10種類&米も入ったモリモリ野菜パックが無事、横浜まで届きました。

今回、かなり驚いたのは長茄子。
e0237625_15205529.jpg
こんなに長い茄子ってあんの??って感じの衝撃(海外では見たことありますが・・・)
e0237625_15112615.jpg
ペットボトルより長いし、ダンボールとも同サイズ。
約36cmのロングサイズ。
茄子好きだから嬉しいけど、こんなに長い茄子、初めて見ました。
e0237625_15244267.jpg
ライルのダンボールベッドと同サイズ。
今後も福岡県赤村、応援していきます。
e0237625_15341170.jpg
ふるさと納税で桃も定番。
昨年は山梨の桃。
今年は和歌山県の桃にふるさと納税したので、桃の到着も楽しみです。
e0237625_15394201.jpg
細長い箱が特徴のタラバガニ箱はライルのお気に入り。
e0237625_15412162.jpg
今年もタラバガニとイクラ・ホタテにもふるさと納税しなきゃ!!
e0237625_15440443.jpg
ピッタリサイズがカワイイ、ライルさま。





# by bristol1106 | 2018-07-16 15:59 | ライル | Comments(0)

スペイン旅行記3日目【セビーリャ編】

スペイン旅行記3日目

コルドバからひまわり畑を満喫した後は次の都市セビーリャへ。
ホテルでの夕食後、セビーリャの旧市街をお散歩してみました。
e0237625_13265436.jpg
細い裏路地を抜けて向かった先は、【Metopol Parasol】
e0237625_17170242.jpg
きのこ型がユニークな世界最大の木造建築
e0237625_14050766.jpg
パラソルの上が展望台になっていて3€で登れます。
e0237625_17162887.jpg
屋根の上は起伏があってグルグルのクネクネ道
e0237625_13443867.jpg
展望台からは、セビーリャ大聖堂のヒラルダの塔や市街地が一望
ベイブリッジみたいな橋も見える!!
e0237625_17175874.jpg
夕日が沈む頃なので、鮮やかに染まった街がとっても綺麗でした。
e0237625_13331369.jpg
ライトアップもしているメトロポールパラソル
e0237625_17202976.jpg
この時期、22:00時過ぎないと暗くならないので、ほんのり夜景で我慢。
不思議な現代建築のメトロポールパラソルでした。
e0237625_13550599.jpg
セビーリャの街は明日がメインです。




# by bristol1106 | 2018-07-12 14:13 | 2018 Spain | Comments(0)

お留守番にゃんこギャラリー【June】

お留守番にゃんこギャラリー6月編

今回、初めて一緒にお留守番したのは、ミヌエットのかんなちゃん。
e0237625_16041994.jpg
ミヌエットはまだ新しい品種で以前はナポレオンと呼ばれていました。
ペルシャとマンチカンを交配させたのが始まりで、その子猫をヒマラヤンやエキゾチックショートヘアなどペルシャ系の長毛猫とかけ合わせて生まれたのがミヌエットです。
e0237625_15381378.jpeg
私もミヌエットちゃんと一緒にお留守番するのは初めて。
e0237625_15540396.jpeg
かんなちゃんは、身体はスーパー短足のマンチカンでお顔はエキゾチックショートヘアよりのキュートな女の子。
e0237625_16053157.jpg
まだ、ピチピチの1歳!!遊び盛りのかんなちゃん。
e0237625_16051554.jpg
短いおみ足でジャンプする姿とか可愛くって可愛くって癒されまくりのシッター。
e0237625_16045554.jpg
終始カワイイ・カワイイの連続でした!!
e0237625_16043747.jpg
フレンドリーでとってもキュートなかんなちゃん。
これからの成長が楽しみです。

次は、2年振りに一緒にお留守番した、ジロくん。
e0237625_15362553.jpeg
ジロくんは、ちょっとぴりシャイボーイの男の子。
おしゃべり好きで、フレンドリーなのかと思ったら隠れちゃったり・・・
e0237625_15360485.jpeg
猫さんらしく気まぐれなご性格。
仲良くなるにはもう少し時間がかかりそうでした。

また、一緒にお留守番しましょうね。


# by bristol1106 | 2018-07-09 16:33 | Cat Sitter Loop | Comments(0)

スペイン旅行記3日目【ひまわり畑編】

スペイン旅行記3日目

コルドバの観光を終えて、次はセビーリャに移動。
コルドバからセビーリャの間、カルモナがひまわり畑の街。
e0237625_18091072.jpg
6月にスペインへ行けば、どこでもひまわり畑なのかと思ったら、一面のひまわり畑があるのはアンダルシア地方のみ。
e0237625_16432503.jpg
今年のひまわりは開花が少し遅かったため満開のひまわり畑がバッチリ見れました!!

昼間は40度近くなる6月のアンダルシア地方。ひまわりも花持ちが悪く通常は咲くと3日ぐらいで枯れちゃうみたいです。
e0237625_16504775.jpg
私が行った時はそんなに暑くなかったので、太陽を浴びで元気に咲くひまわり達を堪能。
e0237625_16554494.jpg
この時期限定、ひまわり畑での写真タイム!!
e0237625_16585353.jpg
圧巻の光景に感動しちゃいます。
e0237625_17033380.jpg
見渡す限りのひまわり畑を見れることは、もうきっとないかも~って感じです。
e0237625_17004486.jpg
綺麗に咲いている時期は2週間弱。
貴重なひまわり畑を見れて、本当に良かった。



# by bristol1106 | 2018-07-03 17:34 | 2018 Spain | Comments(0)

スペイン旅行記3日目【コルドバ編】

スペイン旅行記3日目 コルドバ編
e0237625_17030759.jpg
マドリードからスペイン新幹線AVEに乗りコルドバへ。
e0237625_17035945.jpg
フラワーポットが可愛いコルドバの旧ユダヤ人街
e0237625_17220708.jpg
ユダヤ人街 花の小径
e0237625_17111110.jpg
白い壁にブルーのフラワーポットと満開の花がとっても綺麗
e0237625_17122497.jpg
お土産屋さんもたくさんありました。
e0237625_17184078.jpg
メスキーター前のオレンジの広場
e0237625_17152777.jpg
世界遺産コルドバのメスキーター
e0237625_17091771.jpg
オレンジと白のボーダー柄の馬蹄型アーチが特徴のメスキーター
約850本も円柱があります。
e0237625_17100013.jpg
世界最大級のモスク メスキーター
e0237625_18061146.jpg
中央礼拝堂
e0237625_17421113.jpg
メスキターの中はかなり広かったです。
e0237625_17130652.jpg
コルドバの街を対岸から一望
コルドバの街はイスラムの名残りを感じさせる素敵な街でした。



# by bristol1106 | 2018-06-29 18:12 | 2018 Spain | Comments(0)

スペイン旅行記2日目【マドリード編】

スペイン旅行記2日目 

キャンセル待ちして無事に搭乗できたLH13:30発マドリード行きの便。
搭乗口からバス利用だったので、私達のスーツケースも同じタイムミングでコンテナから下されトラクターで機内に乗せられるのを待っていました。
目立つ色のスーツケースだとこういう時、便利でいい。これで安心してマドリードまで行ける。

滑走路が混んでいるのかなかなか飛び立たないルフトさんだったけど、今度は無事にマドリード到着。

私達の荷物は最後に積んだので、出てくるのも1番。
でも、同じJALPAKの人は荷物が出てこなくって、ついにロストに・・・次の便に荷物は乗ってくるみたいです。
送迎付きなので、空港で1時間近く待たされマドリードのホテルに着いたのは18:00ごろ。

マドリードは2泊の予定だったのに結局1泊しか泊まれないし、明日は朝からAVEでコルドバへ移動。
トレド観光とプラド美術館は諦めてもピカソのゲルニカだけは何とか見たい。

ホテルの前からタクシーに乗りゲルニカがあるソフィア王妃芸術センターへ急いでGO!!
e0237625_13155412.jpg
でも、すでに時間は18:30過ぎ。日曜日の午後は入場無料なのでそれはいいのですがなんせ時間がない。
ゲルニカがある部屋は2階なので、とりあえず2階へ急ぐ。
でも、どこから2階へ行けるのか??なんせ初めてだからわかんなし、広いし部屋もいっぱいあるから迷路。

結局、見つけた時はすでに、ゲルニカの部屋はクローズしていて見れない始末。またまた、ショックでかい。
ピカソの部屋はたぶん18:30までとみた。ダリの名画を数枚しか見れず終了したソフィア王妃芸術センターでした。
e0237625_13181523.jpg
今度また、トレドと一緒にゲルニカ鑑賞リベンジしなきゃ。。。
e0237625_13195076.jpg
AVE発着駅のアトーチャ駅、綺麗。

帰りは混み込みの地下鉄に乗車。1回しか乗らないのにカード(スイカ)みたいの作らされるし、1回券はないみたいです。不便・・・
スリに注意も必要だしタクシーの方が良かった。
不完全燃焼のマドリード。
e0237625_13255011.jpg
ホテルの側に遅くまでやっているスーパーがあったのでそれだけが救い。キャットフードも充実。
ボトル1ユーロ代のワインとかもたくさんあって、相方さんはウシャウシャでした。








# by bristol1106 | 2018-06-28 13:46 | 2018 Spain | Comments(0)

スペイン旅行記2日目【フランクフルト トラブル編】

スペイン旅行記 大トラブル編の続き。

マドリード行きのフライトがキャンセルになり、長蛇の列に並び運良く寝床のホテル&翌日の振替便を手配してもらい、ちょっと安心した私達。
まだまだ、空港内には人があふれ同じマドリード行きの便に乗る予定だった日本人他、多数の人は空港で一晩、野宿決定。
ホテルが手配出来た私達は、かなりラッキーだったのですが・・・

タクシーバウチャーを貰って訳も分からず到着したイビスホテルでもまたまた事件が・・・
すでにもう、AM1:30過ぎで・・・思考能力も英語力もほぼ停止中なのに・・・
案内された部屋は何故かの改装中で泊まれない!!

フロントにクレームを言って一緒に部屋の状況を見てもらう。
まさか、他に部屋はなくって、他のホテルへたらい回しとかの恐れも疑いながら待たされること30分以上。
結局、チェックアウトした部屋を掃除して宿泊出来ることになったので、これまた一安心。
でも、スーツケースは飛行機から出てこないためパジャマも着替えもメイク道具もほぼ何にもない状態。

振替便のフライトは翌日の朝5:00から手配カウンターが開くからそこで手配なんだけど、こっそり手配して貰えたマドリード行きの便は夕方17:00 フランクフルト発の便。でも、それだとマドリードに着くのが夜になってしまいせっかくのマドリード観光が1日ロス。

仕方ないからフランクフルトを1日観光する~って案もあったけど、ドイツの日曜日は、ほぼお店が休みだし、wi-fiもスペインからの利用だから調べることも出来ず、今いるホテルの場所さえも全く未知の世界。

ベッドに横になってもそれが気になってほぼ寝れず。相方さんはそんなこと心配せず隣でクークー寝てましたが。。。
やっぱり、スペインに行くんだから一刻も早くスペインに行きたい!!
今日の午後からは、楽しみにしていたトレド観光も入っているのに・・・もう!!

朝、5:00に空港へ戻るかかなり悩んだけど・・・とりあえず、ホテルの朝食が6:00からなのでそれに合わせて起床。
e0237625_14584025.jpg
ホテルの周り、マイン川を少し散策し空港へ戻ることを決意。
でも昨夜、帰りの分(ホテル→空港行き)のバウチャー(30€分)もタクシー運転手に2枚渡してしまったためタクシーは自腹になることに・・・アチャチャ・・・ミスった。。。
朝も迎えに来るねって言われてたけど、何時に空港へ行くか時間も未定だったためタクシーは諦めて、自腹で電車で空港に行くことに。
幸いホテルがフランクフルト中央駅から徒歩圏内だったので良かった。電車代の10ユーロ返して欲しいけど・・・

空港に到着すると、LH振替便カウンターでもっと早い便に変更してくれないか相談する。
夜の時点で夕方の便しか空いてない!!って言われたけど、必死でスペインへ早く行きたいことをアピールする。

すると、予約はできないけど9:30の便を搭乗口でキャンセル待ちするのかいいとアドバイスされる。
もし、9:30発の便に乗れたらトレドに行ける!!

すでに時刻は8:30過ぎ。
広い空港内をダッシュで移動し搭乗口でWaitingすることに。
搭乗口には私達みたいにキャンセル待ちの人、多数。
1番目の人は無事、キャンセル待ちで乗れて残り1席。どっちかなら乗れるけどどうする?って、相談されたけどそれは流石に泣く泣く断って、次のマドリード行き13:30の便をまたまたキャンセル待ちすることに・・・

もう正直、昨日から広いフランクフルト空港内をずっーと、Ⅾ・A・Bと移動していて何時間ここにいるんだよ~って感じ。
ターミナル移動すると、いちいち荷物検査&水を捨てるのに疲れてきて、予約が取れている夕方の便で諦めようかとも悩んだけど、LHの搭乗口カウンターのおばさんが親切で救われた。

凄ーいー予約するのだけなのに待たされたけど、13:30の便はチャンスがあるから待ったらって?!アドバイスされて引き続きのWaiting。

スーツケースは17:00便に乗せてるから9:30の便だとスーツケースが間に合わない。だけど、13:30の便なら一緒に荷物も乗せれるわよとか・・・いろいろ困っている片言の日本人に丁寧だった。

待ったせたお詫びに空港内で使えるミールクーポンも発券してくれ、嫌いになりそうだったルフトのイメージも持ち直し。
次の便まで、ドイツのソーセージーやビールを飲んで待ってって、言われた。
お礼にドイツ語で【ダンケシェーン】って、言うと、アラ、あなたドイツ語喋れるのって、嬉しそうだったよ。
e0237625_15534387.jpg
同じJALPAKの人は一晩空港で野宿したお陰で13:30便の予約が取れてて、ホテルで仮眠したことを悔む。

でも、チャンスあるって言われてるし・・・もらったクーポンでひとまずドイツのビール&ソーセージランチ。

13:30の便は本当にキャンセルの人が何人かいて、一緒に9:30からキャンセル待ちしていた外国人も乗れていた。
私達も最後の2席で、無事キャンセル待ちの名前呼ばれて・・・助かった!!!
かなりドキドキしたけど、無事に13:30のマドリード行きの便、搭乗出来ました!!

ルフトが欠航になった時は本当にショックで・・・まさか、私が海外でこんなことになるなんて・・・って、感じだったけど、LHカウンターの親切な女性人達にかなり救われました。

NYとハワイで帰りの便がなかなか飛ばなくって空港内で待たされることは今まであったけど、まさか行きからこんなことがあるなんて。

海外大好きだけど、だから日系以外の飛行機はあんまり乗りたくない、私なのでした。








# by bristol1106 | 2018-06-27 17:03 | 2018 Spain | Comments(0)

スペイン旅行記1日目【大トラブル編】

スペイン旅行記1日目
今回が初のスペイン訪問。
バルセロナでガウディ建築をいっぱい見ることが私の希望。
相方さんはバル巡りでビール&ワイン三昧をご希望。
e0237625_18504058.jpg
JALPAKの現地ガイドと巡るスペイン旅。
添乗員はいないので、国際線の乗り継ぎ等は自分達なのですが、今回これが思わぬ結果に。

無事、成田を出発しフランクフルトに到着したJAL便。
乗り継ぎに約4時間ぐらいあったので、それは余裕だったのですが、その日のフランクフルト空港は何故か欠航便が続出。
21:00発の便が10便あってその内すでに2便が欠航になっていて、午後以降はキャンセル便が多数。
チケットカウンターには振替便の手続きで20:00時点で長蛇の列が・・・

私達の便はLHの21:05マドリード行き。遅れはしたけど無事、搭乗開始したもののいつまで経っても飛ぶ気配なし。
機長のアナウンスはドイツ語と英語なので良くわかんないし、
空港内が混んでて飛べないとかそんな理由で機内で待たされること約1時間半。
結局、【Bad News】の一言でこの便も終わったな・・・と確信しました。

まさか、マドリード行きの便が飛ばないなんて驚きの結末。
しかも、すでに23:00時過ぎてるしどうなる私達!!
このままここで待機するからお願いだから朝一で飛んでくれ!!ルフトさんって感じでした・・・

その後は機内から全員降ろされ、振替便&ホテル手配の長蛇の列に並ばされる結果に。
HISのツアーが同じ便にいたので、そこの添乗員さんに状況をこっそり相方さんが聞いたりしてかなり困った状況。
並んでいた列はホテル手配の列で振替便は明日の朝からじゃなきゃ手配不可とか言われるし・・・スペインに全然行けないよ~
その内、24:30でホテル手配カウンターもクローズすることが判明して空港でまさかの野宿確定?!

え~どうしよう??野宿??と思っていると、たまたまいた日本人の方が謎のLHカウンターを教えてくれて、駆け込みで入場すると最後の一人として特別対応。
すぐにシャッターが閉まり無事にホテルと明日のマドリード便を手配してもらえました。

e0237625_18460192.jpg
ルフトからもらったバウチャーで宿泊できたフランクフルトのイビスホテル。
でも、ここからも試練続きでトラブル終わらず。。。






# by bristol1106 | 2018-06-22 19:03 | 2018 Spain | Comments(0)